知ることでできることがある。ここにも一つ家族をみつける場所がある

M3

・夫婦
・猫3匹( 大臣 ・ 菊千代 ・ 久蔵 )
・犬1匹( リンダ )

成犬の保護犬は、センター又はシェルターに収容されているときは仮の姿(真の姿の子もいます)だと思っておいた方がいいのかもしれません。
迎える時には見た目の好みで選ぶと思いますが、他にも自身のライフスタイル
また、犬とどういう生活・付き合いをして行きたいか
迎えた後の生活もイメージしながら、お世話をしてくださっている職員さんやスタッフの方に仮の姿でもその子の事をよく聞いた方がよいと思いました。

 
そして、犬飼育経験があったとしてもその経験は全く無駄ではありませんが
性格・体質・癖、その子自体全く別物だと思い付き合いはじめて欲しい
先代の事は、いったんリセットして迎えて欲しいです
 
そして、生活がスタートしたら、まず他の犬とのふれあいも大事なのですが
先ず、自分と犬との関係を築いて欲しいです。
そして、迎えた子を知り自分の事も相手に知ってもらってから徐々に他の犬とふれあって遊んだり人とも関わるのが良いように思いました。
先ず3ヶ月、次は6ヶ月。。。リンダの場合は、だいたいこの3ヶ月のスパンで変化が見えてました。
人それぞれあるように、犬もそれぞれです。焦らず休まず一歩一歩です!

名前:リンダ
性別:
推定年齢:2014年5月現在6歳
種別:プロットミックス

独身時代
【ジル】  イタリアングレーハウンド♂ 1993年5月28生まれ - 2010年1月21日永眠(17歳)
 
結婚後
【椿】   ハスキーMIX♀ 2012年8月29日神奈川県動物保護センターより、保護引き出し。
      2012年10月20日、鎌倉に住むOさん宅に譲渡。
 
【リンダ】 プロットMIX♀ 2012年10月KDPにより神奈川県動物保護センターから保護引き出し。
      2012年11月6日我が家の家族となりました。

自分のライフスタイルにあった中型以上の女の子
先に、里親になっていた友人のところに来たプロットハウンドの男の子を見ていて
すごくきれい(あくまでも個人の好みです)で性格がとても好みだったので、プロットハウンド系の女の子が里親募集となったらすぐにでも!と待っていました。

犬に苦手意識のある主人だけど、先住猫が3匹いるけれどもワタシが選んだリンダは
とてもよく馴染んでくれました。
そして、ワタシのよきパートナーにもなってくれていて
毎日楽しくしてくれています。
私の目に狂いはなかった!と自負しています。スミマセン。。。

もともと、猟犬の仕事をしていたと思われます。
迎えた当初(約半年)は、歩き方・散歩の仕方・猫やリスに遭遇したときに
お仕事モードになり力を発揮するリンダを制御するのに四苦八苦
腱鞘炎にもなりましたし、転んだりもしました。
そして泣いちゃったりも。。。
でも、そういう犬を扱った事のある方やトレナーの方に色々教えて頂いたり
そういう方達の、接し方をまねたりして1年半たって
やっと自分もリンダも楽しくさんぽができるようになりました。

 


photo by M3

名前:菊千代
性別:
推定年齢:2014年5月現在9歳
種別:MIXトムキャット柄

独身時代
【染之助 / ソメノスケ】 野良猫から産まれた黒猫
【染太郎 / ソメタロウ】 野良猫から産まれた白猫
 
結婚してから現在の3匹
【大臣 / オトド】    三毛猫♀ 家の前で産まれた子猫を友人が保護(2004年生まれ・月日不明)
【菊千代 / キクチヨ】  トムキャット♂ PAKより家族に迎えました(2005年生まれ・月日不明)
【久蔵 / キュウゾウ】  キジトラ♂ 友人宅より家族に迎えました(2007年4月6日生まれ)

猫は、おうちの中のものを傷つけたりこわしたりします。
でも、そうだからダメというのではなくて
そうされないように人間が工夫すると良いと思います。
 
それから先住の犬猫がいる場合でも、仲良くやって行ける始めの一歩が大事です。
それは、預かりさんや先輩里親さんから聞いてきちんとやってあげると
ほとんどの場合うますいくはずです!

photo by M3

長毛できれいな子が、主人の目に留まり
大臣が、イケイケの時期に人間では充分な遊び相手になってあげれないので
友達をという事で迎えました。

とっても、綺麗でプライドの高い菊ちゃんですがふと気づくとそばに寄り添ってくれていて癒されます。
なんと言っても、したの子(久ちゃんとリンダ)が我が家に来た時には教育係として
世話をしてくれたりお家の案内もしてくれました。
また、気の強い大臣とのちょうど間に入ってくれて中和してくれました。
そのくせ、とても甘えん坊で独占欲が強く私を個室に呼び出しては
膝の上に座りゴロゴロ。。。その時間は、いつもバタバタしている私に取ってとても大事な時間になっています。

プライドの高い菊ちゃんは、私が忙しくてシカトしていたり
よそのおうちで、犬や猫を触ったりしてくると
マーキングをします。
猫のマーキングはとても臭く、においを取るのに一苦労です。
それをされないためにも、いつも菊ちゃんを優先してあげないといけません。

photo by M3

Copyright © 2018 tunagu つなぐ, All Rights Reserved.