知ることでできることがある。ここにも一つ家族をみつける場所がある

Dango & Azuki

・家族構成:
  夫婦と犬2匹
  ダンゴ姉さん(MIX)
  アズキ女王さま(ビーグルMIX)
 
・動物の飼育歴:
  子供の頃は犬たくさん
  猫たくさん、大人になってウサギ

どうして捨てられたのか、何があったのか、なぜ保護されたのかわからない犬もいると思います。
なので、しばらく一緒に生活してみて初めて知ることがあります。
もしかしたら隠れた癖を持つ犬もいるかもしれません。

それでも保護犬を迎え入れようと思うのであれば、大きな心を。
でも、犬ってすごいんです。
応えてくれるんです。
人間とは違った感動を味わえます。
我が家では「飼い主がこの犬を飼ってよかったと思うのではなく、犬がこの家にきてよかったと思ってもらえるように」を忘れずに生活することを心がけています。
決して無理をせず、自分たちのライフスタイルに合う犬をと思います。

名前:ダンゴ
性別:
年齢:11才くらい
種別:ミックス

名前:アズキ
性別:
年齢:8才くらい
種別:ビーグル・ミックス

KDPの譲渡会での一目惚れです。
犬を飼うなら保護犬と決めてはいましたが、譲渡会に行ったのはすぐに飼うつもりではなく、保護犬ってどんな感じだろうかと見学気分で伺いました。
子供の頃の野良犬のイメージが強かったので少し心配していましたが、参加犬はみんなきちんと並んでいて、お行儀よかったのが忘れられません。
その中に大人しく座っていたダンゴに一目惚れ。
写真を撮らせてもらい、家に戻り、主人と相談しました。
仕事中もダンゴが気になり、家に戻ってもダンゴの話ばかり。もし、ダンゴが他の方に決まってしまったらと思うと、いてもたってもいられなくなり、KDP島田さんに連絡し、もう一度ダンゴに会わせていただきました。
これでもう決まりです!
 
アズキの場合は、先住犬のダンゴを迎え入れる時から2年後に2匹目をと決めていたので、2年経った頃、頻繁にKDPのHPをチェックし、FBの動画を見たりしていました。
その動画の中にお散歩中のものがいくつかありました。
そのうちの一つにアズキが映っていて、大きな犬たちの中に紛れて一生懸命お散歩していました。
その一生懸命な姿に一目惚れし、KDPの譲渡会に行き、会わせてもらいました。
先住犬のダンゴと共に。
思ったよりもかなり小さく、一生懸命アピールしていました。
この姿にまたやられちゃいました。
めずらしくダンゴも気にしていたので、もしかしたら大丈夫かなと。
別途、ダンゴと一緒に散歩をさせてもらい、お家訪問にもきてもらい、ダンゴの様子を確認して決めました。

ダンゴは、こんなに大人しくて控えめな犬がいるのかと思うくらい、とてもステキな犬です。
KDP島田さんが大好きで、恩を忘れない、そんな心を持つダンゴの飼い主になれたことが幸せです。
あまりにもKDP島田さんが好き過ぎてしばらく大変でした。
ダンゴを我が家に連れてきてくれ、島田さんが帰ってしまった後は玄関から離れず大変でした!
翌日には脱走してしまい、島田さんに連絡し、島田さんの「ダンゴ〜」の一声で戻ってきました(今となっては笑い話です)。
我が家に来てもうすぐ丸4年になりますが、助けてくれた島田さんをずっと忘れない、そんなダンゴといっしょにいられることが幸せです。
 
アズキは、自己主張が強く、わがままな女王さまタイプ。
でも、ものすごく甘えん坊なのです。
このギャップにメロメロです。
撫でると猫みたいに喉を鳴らし、ときにはお風呂やトイレにも付いてきて、扉の向こうで出てくるまで待ってたりします。
お風呂もトイレもゆっくりしてられませんが(笑)。
本当に猫みたいです。
寝るときは身体のどこかが私に触れていたいらしく、もうベッタリです。

ダンゴの場合は、これといって苦労したこと、苦労していることはありません。
家の中でトイレをしないのが唯一の苦労?でしょうか。
台風でもなんでも散歩に行かねばなりません。
このくらいでしょうか。
 
アズキは、お留守番中は家の中でトイレをしてくれるのですが、人がいると外でしかしません。
人がいるとなぜか水をよく飲みます。
心配になり検査してもらったほどです。
飲む量がすごいのでトイレに行く回数もすごいです。
先住犬のダンゴもそうですが、台風でもなんでも外に連れて行かねばなりません。
たまにイタズラもしますが、これはカワイイものです。

Copyright © 2018 tunagu つなぐ, All Rights Reserved.