知ることでできることがある。ここにも一つ家族をみつける場所がある

Yuki Ohta

・夫婦
・犬1匹( みいこ )

シェルターにはたくさんの犬達がいて、心ひかれる犬にきっと出会えます。
犬達に会う前に、「犬と暮らしたい」という漠然とした気持ちから一歩進んで、「どんな犬が自分に合っているのか?」、理想や夢とは別の具体的な視点で考えてみることをおすすめします。

 
そして、一緒に暮らすことになった犬とは「保護犬だから」というイメージをあまり強く持たずに付き合ってほしいと思います。
困ったことが起きても、保護犬だからというわけではないかもしれません。
成犬から飼ったからでもないかも。
子犬から飼っても色々なことは起きますから。
そして、先住犬、先代犬と比べないでほしい、自分だって他の人と比べられたくないですもんね。
 
家族になった犬はゆっくりとでも馴染んでいくはずです。
時間をかけてじっくりと共に暮らす生活を作り上げていくのがよいと思います。

独身時代 【花】   シェットランドシープドッグ♀、14歳で永眠
 
結婚後  【ハル】  柴系ミックス♀ 1995年神奈川県個人ボランティアより譲渡、2011年16歳で永眠
     【みいこ】 ミックス♀ 2012年KDPより譲渡

名前:みいこ
性別:
推定年齢:2014年6月現在10歳
種別:ミックス

KDPボランティアさん宅で2軒目の譲渡先から戻ってきたみいこに初めて会いました。
ボランティアさん宅には他に小型犬が4頭おりとても賑やか、怖がりでソファーの後ろに隠れてこちらを見ているみいこ、一目見て「ああ、困ったな」と思いました。
16年共に暮らした犬を亡くして少し経った頃で、新たに犬を飼うのはもう少し先と思っていましたから。
でも、「うちだったら夫婦二人の生活だし、こんな怖がりな子も静かに暮らせるかも」とすぐに気持ちが動きました。
小さめの中型の中年のメス。
私にも飼えそうだなとも感じましたし、犬がいなくなって寂しがっているよりみいことの生活をまた始めようと思い決めました。

一緒に暮らすようになってみいこの怖がりは「屋内限定」ということが分かりました、みいこは外が大好きなのです。
うちに来てほどなくお散歩ででんぐり返しをしてゴロゴロ転がるようになりました、犬なのに前転します、これにはビックリ、みいこは楽しくて仕方ないようです。
人懐こくて陽気、活動的でお茶目なみいこはみなさまにとてもかわいがってもらっています。
犬を飼っていない方にも知り合いがたくさん、そこがみいこのすごいところ。
家の中では正反対でおとなしく靜かにしています。
私に甘えてそっと近くにいるみいこがとてもかわいいです。

うちに来て4日目に私の不注意でみいこを逃がしてしまいました。
家から100mほどのところで名前を呼んだら戻ってきましたが、今思い出しても胸がドキドキします。
それからは玄関に置いたフェンスの徹底(フェンスの隙間から逃げてしまったので)、車に乗せる時も必ず係留するなど気をつけています。
大好きな外にいつも出たいと思っている様子のみいこですから、これらのことは一生続けようと思っています。
万が一の時のために電話番号を刺繍した首輪と迷子札を常時つけ、体にはマイクロチップが入っています。
 
拾い食いにも困っています。
飲み込んだ物が腸に詰まってあわや手術か?ということもありました。
これには私が歩く先をよく見ることで対応しています。
みいこが拾いそうなものは分かるようになりましたので事前に拾わないよう指示しています。
 
家の中での怖がりも少しずつ少しずつ改善してきています。
これに関しては長い時間がかかると思っています。
ゆっくり付き合っていくつもりです。

Copyright © 2018 tunagu つなぐ, All Rights Reserved.