知ることでできることがある。ここにも一つ家族をみつける場所がある

Miyuki Monjugawa

・夫婦
・犬1匹(ルゥ)

犬を迎え入れるということは、家族が増えるという事です。
家族が増えたら今まで通りの生活から、多少の変化が有るでしょう。
その事をきちんと家族が理解した上で、迎え入れる事が大切だと思います。

犬にも色々な性格や特性を持った犬がいます。
自分たちと相性の合う犬がきっといます。
直感を信じて!
保護犬と言われる犬達は、辛い思いをしながらも一生懸命生きてきました。
 
最初は、人間を怖がる事もあるかもしれません。
たくさん悩みを感じることもあるでしょう。
でもそれが家族を持つということなのではないでしょうか?
 
ニンゲンもイヌも一緒です。
 
こちらが愛情をもって接し、全てを受け入れてあげて下さい。
犬は純粋です。
必ず歩み寄ってくれます。

【マリン】 柴犬(16歳で永眠)
      昔は鎌倉でも山の方には、たくさんの野犬がいました。
      子供の頃の私にとって犬は、突然現れ追いかけてくる怖い存在でした。
      犬が大好きだった母は、私にも犬との関係の素晴らしさを伝えたくて、犬を飼うことに…。
      そんな母に感謝しています。
【ルゥ】  2012年5月KDPにより神奈川県動物保護センターから保護引き出し。
      2013年4月29日に我家の家族となりました。

名前:ルゥ
性別:
推定年齢:4歳くらい
種別:ハウンド系ミックス

photo by Miyuki Monjugawa

私達が行った譲渡会の参加犬達は、比較的元気な犬達が多かったです。
 
でもなぜか1匹だけ我関せずといった感じで、マイペースに過ごしている姿にとても惹かれました。
かわいい!って思いました。

ルゥを通してたくさんの仲間が出来たこと。
その仲間の犬達と楽しそうに遊ぶルゥの姿をみると幸せな気持ちになります。

最初は、主人のことが苦手で逃げ回っていたので本当に悩みました。
きっと男の人に何かひどい目にあわされたのかもしれません。
 
でもあの手この手を試し、主人との距離が近づいた時はホッとしました。
今では主人もルゥもお互いが無くてはならない存在になった様子です。
 
猟犬の血が混じっているので、お散歩の時に猫を見つけた時は大変です。
私達が先に猫を見つけられるように、いつもキョロキョロしながら歩いています。

photo by Miyuki Monjugawa

 

Copyright © 2018 tunagu つなぐ, All Rights Reserved.