知ることでできることがある。ここにも一つ家族をみつける場所がある

ドッグデイズ 2015 Spring

2015年4月19日@小田原ダイナシティ
【ドッグデイズ2015spring】

2015年4月18日(土)19日(日)2日間にかけて開催された【ドッグデイズ2015spring】@小田原ダイナシティ:イーストイベント広場にて、19日のみピースワンコ・ジャパンさんのブースに同居させていただき、イエローリボンプロジェクトのご紹介と、これまでのtumugu=つむぐ=プロジェクトの幼稚園・小学校などの活動報告などを行ってきました。

イエロードッグプロジェクト
治療中、歳をとっている、怖がり、トレーニング中などなど・・・。
黄色いリボンをつける事が「そっと見守ってください」の気持ちをわかってもらう目印として愛犬家の間で広く浸透していくことが大切です。
お散歩中に黄色いリボンをつけたワンちゃんと会ったら、愛犬がそのワンちゃんに近づかないようにしっかりコントロールしてあげてくださいね。

tumugu=つむぐ=プロジェクトYellow dog project を応援しています。
この日はつながるストアで販売している、Beach Pawsさんにつくっていただいたイエローリボンも販売させていただきました。
興味をしめしてくださる方も多く、愛犬家の間でさらに浸透していくように、引き続き啓発を続けていこうと思います。

ピースワンコ・ジャパンさんは湘南の活動拠点、T-SITE譲渡センターより、ロミちゃん(♀)、いっちゃん(♂)広島よりあんりちゃん+キーナちゃん姉妹2頭の計4頭の保護犬を連れてのじょうと会、里親探し。
週末ということもあり、イベント広場はたくさんの犬連れの方やお買い物客で溢れかえっていて、犬たちのそばにも多くの人が集まり保護犬のこと、里親になることなど、耳を傾けていらっしゃいました。
なかには、この子も保護犬で里親になりましたという方もいらっしゃり、神奈川県民のみなさんの動物たちに対しての意識の高さを感じる場面も多くみられました。
その反面、たくさんの人がにぎわうイベント広場、犬連れの方も多い中、ノーリードで散歩をしている方も・・・。
飼い犬との信頼関係があることは理解できるのですが、人が多く行きかうイベント広場、愛犬といっても動物なのです。
とっさの瞬間思わぬ行動にでることがあるのです。
リードは離さずしっかり飼い主がコントロールしてあげることが、愛犬家としてのマナーですね。

ピースワンコ・ジャパンのプロジェクトリーダー大西純子さんもいらしてボランティアスタッフさんとともに活動報告、チャリティーグッツの販売、災害救助犬『夢之丞』の書籍の販売も!
私も子供と一緒に読ませていただこうと、さっそく一部購入させていただきました。
現在はアマゾンで購入することができます。
児童文学作家で、これまでも数々の命の大切さを伝える本をだしてこられた今西さんの著作となります。
ページをめくったとたん、ぐぐとひきこまれ臨場感溢れるストーリ展開に時間を忘れて没頭して心にすとんと感じることができるお話です。
是非、手にとって夢之丞の歩みを一人でも多くの方に知っていただけたらと思います。

 
そして、4月25日(日本時間午後3時すぎ)にネパール中部で発生したマグ二チュード(M)7.8の地震、緊急支援チームとして、ピースウィンズ・ジャパン災害救助犬2頭(夢之丞、ハルク)とともに現地に向け出発されたとのこと。現地にて支援救済にあたるみなさんが無事に任務を遂行できるように心よりお祈りいたします。


引き続き、私達tumugu=つむぐ=プロジェクト、TUNAGUの活動も、自分たちにできることを一つ一つ進めていきますので、どうぞみなさんのお気持ち寄せていただけたらです。

Copyright © 2018 tunagu つなぐ, All Rights Reserved.