知ることでできることがある。ここにも一つ家族をみつける場所がある

里親よもやま話に「のぞみ&チャコ」ちゃんを掲載しました。

里親よもやま話に、Shibuyaさんちの「のぞみ&チャコ」ちゃんを掲載しました。

Yumi Shibuya

・夫婦
・子供(男子大学生)
・犬2匹(のぞみ、チャコ)

保護犬は、以前の暮らしがわからないので、何にパニックを起こすかわかりません。
何が嫌いで何が怖いのか、何に怒るのかもすぐにはわからないかもしれません。
写真を見て、「かわいい!」と思って迎え入れても、すぐには思い描いたような犬との生活は送れないかもしれません。
続きはこちら…

里親よもやま話に「もあもあ&まりも」ちゃんを掲載しました。

里親よもやま話に、Ashitsukaさんちの「もあもあ&まりも」ちゃんを掲載しました。

Yoko Ashitsuka

・本人
・母
・犬1匹(もあもあ)
・猫1匹(まりも)

子供の頃から大人になった現在までに3匹犬がいましたが、産まれた子犬を知人から譲り受けたり、捨てられていた子犬を保護したり、子犬の頃から一緒に暮らしてきた子ばかりでした。
成犬になっている犬を迎えたのは今いる「もあもあ」が初めてです。
続きはこちら…

里親よもやま話に「パル&ダグ」ちゃんを掲載しました。

里親よもやま話に、Okumuraさんちの「パル&ダグ」ちゃんを掲載しました。

Kyoko Okumura

・本人
・犬2匹(パル・ダグ)

私は保護犬に関して、野良犬のイメージが強く(現在、野良犬は聞きませんが小さい頃からのイメージで)、病気を持ってるから危ない、気性が荒く噛み付く、人になれないから殺されてしまうのは仕方が無い…と思っていました。
続きはこちら…

Copyright © 2018 tunagu つなぐ, All Rights Reserved.