知ることでできることがある。ここにも一つ家族をみつける場所がある

神奈川新聞「論説・特報」に取り上げていただきました。

神奈川新聞6月3日、4日の連載「論説・特報 命の鳴き声 - 猫 殺処分ゼロ -」で
『tumugu=つむぐ=プロジェクト』のことを取り上げていただきました。
 
続きはこちら…

Facebookの神奈川県若手広報室に掲載していただきました。

Facebookの神奈川県若手広報室』に
【動物保護に取り組んでいるボランティアの皆さんからのメッセージ Vol.1】として「tumugu=つむぐ=プロジェクト」を掲載していただきました。

H27年度 つながるサポーター会員募集中!

tumugu=つむぐ=プロジェクトでは、H27年度の「つながるサポーター 個人会員」と
「つながるサポーター SHOP・企業会員」を募集中です。

  • 「つながるサポーター 個人会員」    ・・・ 年会費1口 2,500円
  • 「つながるサポーター SHOP・企業会員」・・・ 年会費1口 10,000円

詳細については、後日発表させていただきます。

活動報告に「第12回 鎌人いちば2015」をアップしました。

活動報告に「第12回 鎌人いちば2015」をアップしました。
活動報告のページをご覧ください。

第12回 鎌人いちば2015

2015年5月31日@鎌倉海浜公園
【第12回 鎌人いちば2015】
 
『第12回 鎌人いちば2015』@鎌倉海浜公園に本日出展して、活動報告、啓発活動、無事に終えてまいりました。

暑い中、会場は終日大変な賑わい。
私たちのブースにもたくさんの方が足を運んで興味をしめしてくださり、保護犬や保護猫のこと、里親になること、イエローリボンプロジェクトのことなどをお伝えしたり、お話したり、実りの多い活動となりました。
つなぐメンバーの保護犬たちも交替制でブースに入り、たくさんの方とふれあい、多くのこと伝えてくれたと思います。
一度は捨てられた犬たちが今幸せな姿であること・・・この説得力は絶大で、どの犬もかけがえのない一つの同じ命であることを語るのに十分すぎるほどでした。

今日の活動では、これまで以上に保護犬や保護猫の存在を御存知な方が多く、しかもしっかり理解していらしゃる方が多くて、あらためて、これまでの保護ボランティアさんたちの身を削り命を最前線で救ってきたことがこの鎌倉の土地ではしっかり確実に浸透していることを強く感じました。
私たちは、保護活動している方々の追い風となれるように、伝えてつなぐ役割を、引き続き地道に進めていこうとあらためて強く思いました。

【本日の物販の売上】26,500円
【募金箱へのご寄付】 6,224円
みなさまが注いでくださった、託してくださった想いは、今後の活動に大切に使わせていただきます。どうぞ、引き続きお気持ちを寄せていただけたら幸いです。

いつもさわやかに活動の背中をおしてくださる、みゆきぱんのお二人、今日も様々に御協力ありがとうございました。
差し入れをもってかけつけてくださったパサパの俵森さん、じょうと会のお手伝いに向かう前に・・と顔を出してくださった奥田さん、OKUMU。応援にかけつけてくださった澁谷あきさん。
そして、いつも変わらず笑顔で協力を惜しまないつむぐ、つなぐメンバーのみんな。
今日ブースに立ち寄り関心を寄せてくださった多くの方々。
私たちの活動に賛同してそれぞれにできることをしてくださる方々。
たくさんの方に精一杯の感謝をこめて。

ご縁がつながって、幸せな笑顔が一つでも多く溢れますように。

Copyright © 2018 tunagu つなぐ, All Rights Reserved.